FJPマスタープログラム 「フュージョンセックス」とはどんな内容?

FJPマスタープログラムは、催眠療法士の大滝保が考案したセックステクニックの動画です。
>>動画のダウンロードはこちらから

このテクニックは「フュージョンセックス」と称されています。

催眠療法士の開発したセックスのやり方

巷に出回っているセックスのテクニックと言えば、AV男優やAV女優といったセックスの経験が豊富な人間の考案したものが多いので、催眠療法士が考案したテクニックというのは異色と言えるでしょう。
それだけに、そのアプローチははやり巷のセックステクニックとは異なります。催眠の専門家が脳と快楽神経のしくみを理解した上で導き出した手法です。

理性を失ってこそ、セックスで本当の快感が得られる

性感帯と脳とは神経繊維によってしかっりとつながっており、体で感じた快感は大脳辺緑系、扁桃体を通じ、大脳新皮膚の前頭葉に達してそこで快感を感じさせます。
同時に脳内に40種類もの脳内物質(快感物質)が出てそれが快感中枢に達することで深いオーガズムに到達するのです。
扁桃体は、女性がオーガズムを迎えるときにこれは思いのままに性欲を解放しようとする一方で理性を司る大脳新皮質がそれにストップをかけてしまうためにある種の「動揺」が起こります。この時に理性が勝ってしまうと深いオーガズムは得られないのです。

心理誘導と心理操作を行う事で、快感物質が脳内たくさん分泌され、快感のスイッチが入ります。

早漏でも問題ない

快感のスイッチが入った女性はピストンどころか前戯の時点で何度も絶頂してしまうくらいなので、激しいピストンは必要ありません。
それどころか、理性を失った女性はあなたが射精してしまっても気が付かずに絶頂し続けてしまっても不思議ではないくらいなんです。