【相場師朗】のショットガン投資法 初心者でも出来る短期トレードのやり方とは?

【相場師朗】のショットガン投資法は株投資のテクニックを解説した教材です。
教材は会員サイトにログインする事で自由に閲覧が出来ます
>>会員サイトの動画を見るにはこちら

銘柄選びも、エントリー・エグジットのタイミングもパターンが決まっています

ショットガン手法とは、チャートのオイシイところだけ短期トレードで狙っていく手法です。オイシイところ、と言われても株投資の初心者の方にはどんな状況か分かりませんよね。

ショットガン投資法には『チャートがこの形になったらここでエントリーする』といった、お決まりのチャートの「型」が数十パターンも存在し、その型になったらエントリーやエクジットをすれば良いだけなんです。
この型に従ってエントリーとエクジットを繰り返していくだけで利益が積み重なっていくのです。

銘柄選びについても同じ事が言えます。
JPX400の銘柄の中から決まったパターンに当てはまる銘柄だけをピックアップします。
パターンに当てはまっているか、いないか、ただそれを確認するだけで良いのです。

「うねり取り」とはどう違う?

相場師朗氏の代名詞と言える株投資の手法が「うねり取り」。
これは3か月~6か月という長期間、売り玉と買い玉を大量に保有してチャートの上げと下げ両方をツナギ売買していく手法。
長期間で大きな資産形成を目指すトレード方法です。

これに対して「ショットガン投資法」は2~3日という非常に短期間で買いなら買い、売りなら売りにしぼって「片張り」でトレードする手法。

一見全く正反対という印象を持ちますが、実はショットガン投資法はうねり取りをベースに投資初心者・資金が少ない人でも手軽に株式投資を始められるようにチューニングしたものなのです。
パターンに沿って銘柄選びをこなしているうちに、いつの間にかうねり取りの手法も身についていきます。